何でもそれなりのブログだよ!


by take1photo

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

カテゴリ

全体
野鳥
昆虫
両生類
爬虫類
植物
魚介類
その他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

フォロー中のブログ

最新のコメント

決して忙しいワケではない..
by take1photo at 19:44
どした?忙しい?
by dream at 21:46
dreamさん、今年もよ..
by take1photo at 23:03
どこの爺やもお婆に比べて..
by dream at 08:02
dreamさん、今晩は!..
by take1photo at 23:01
3日のチョウヒと羽の色が..
by dream at 21:44
>dreamさん ..
by take1photo at 21:43
超ラッキーでしたね。 ..
by dream at 20:41
自動車税は誤魔化すワケに..
by take1photo at 19:02
家は4倍も支払っているわ..
by dream at 08:28

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ホオジロ
at 2017-02-25 20:53
ハイイロチュウヒ~涸沼~
at 2017-02-24 22:52
至福の時~ウミスズメ~
at 2017-02-24 22:37
コチョウゲンボウ
at 2017-02-18 21:10
ヤツガシラ
at 2017-02-17 19:39
ランドセル
at 2017-01-09 22:15
謹賀新年
at 2017-01-09 20:01
コチョウゲンボウ
at 2016-11-20 20:48
Indian summer
at 2016-11-14 22:28
冬鳥の季節
at 2016-11-03 21:36
コウノトリ
at 2016-10-23 20:25
ヒバリシギ
at 2016-10-20 18:59
NHK
at 2016-10-19 21:02
LUCKY!!
at 2016-05-14 21:36
GW お疲れさま!
at 2016-05-08 21:36
買っちゃダメ!! coolp..
at 2016-05-06 21:03
GW あとは骨休め
at 2016-05-05 19:32
GW …は交通パニック!
at 2016-05-03 22:16
春はあげもの
at 2016-05-02 17:35
GWは赤い鳥
at 2016-05-01 20:24

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ヒラタアブの仲間

寒くなっても、この仲間だけは良く見かける。
写真は、少しトリミングをしてみた。

b0190921_232018100.jpg
止まっている様で、実は「流れて」いる。
写真を良く見れば解るはずだ。
露出時間のうち、ストロボ発光の時間だけを「目立たせた」結果がこうなる。
理想的には「流れた」部分は残らないことなのだが…
それに反して、「流れた」部分を表に持って来ている写真家もいる。
「糸崎公朗氏」あたり…
まあ、写真の表現は自由であり∞である。

こっちの写真は、もっと「流れている」ことが解るはずだ。
特に肢が!
b0190921_2321417.jpg

トリミングしなかったのは、
花のすぐ下に「ガガンボ」を見つけたからだ(笑)!!
[PR]
by take1photo | 2010-11-30 23:25 | 昆虫 | Comments(2)

雪…

巷では、クリスマスの雰囲気が少しずつ漂い始めた。
私にとっては、特にどうでも良いイベントである。
ただ、「クリスマス・ソング」を聴くと、
一応、その雰囲気になるのは確かだ…私の場合。
写真は「ユリカモメ」の群れ。
b0190921_211574.jpg

キラキラと舞う雪のイメージで獲ってみたが、いかがだろうか?
「white christmas」を望んでいる方もきっとおられると思う。
[PR]
by take1photo | 2010-11-29 21:19 | 野鳥 | Comments(4)

とうとう見つけた!

白いサイロを運ぶための、黄色い超大型の「コンビニ袋」をとうとう見つけた。
b0190921_18515740.jpg

b0190921_18531329.jpg

コンビニ袋というより、引越しの時の「布団」を運ぶ袋に近い。
白いサイロの時は「2段詰」であったが、この袋に入れてからは「1段」にするようだ。
白ははっきりと目立つが、この黄色っぽい色はやや擬態効果もあり、見つかりにくかったかも知れない。
ただ、白いサイロは山ほどあるので、これからは沢山目にすると思う。

で、ここで「疑問」が浮かんだ。
こんなに軽そうで、しかも「梱包状態」も良さそうな、こんなもんが「サイロ」の主流になったら、
あの「どでかい」本家のサイロは必要ないのではないか??

それからいつもの海に出てみた。
「ミユビシギ」がいつも「いない」ところにいる。
b0190921_1994268.jpg

写真左の石は、このまえ「シノリガモ」を撮っていたところ。

いつのまにか重機が入って、河岸工事が始まったようだ。
b0190921_19125489.jpg

日本中がこれから数ヶ月の間「ならい」のように工事で溢れる。

場所を追われたミユビシギは、ちょっと離れた岸で元気にエサを獲っていた。
b0190921_1918217.jpg

野生動物は環境変化への適応力がかなり強い。
それをいいことに人間はどんどんと彼らの環境を変えてしまう。
人間も「自分が蒔いた種」で環境変化に襲われることがある。
そして、必死に被害者として「第一人称」の立場を主張する。
逆に、他生物の環境を変えてしまった場合は上手に「第三人称」の立場に隠れてしまう。
もはや人間はピラミッドの頂点にも底辺にもなれないのかも知れない…
[PR]
by take1photo | 2010-11-28 19:37 | その他 | Comments(3)

醸熟サイロ

例の「家畜用サイロ」にまた行ってみた。
やはり、収穫後のたんぼには人はいない。
行き先を聞いてみたかったのだが…
実は、社員に現地の農家の子息がいて、少しだけ情報を得ている。
この「白いサイロ」はやはり商品であり、
ここから大型の黄色いコンビニ袋のようなものに1つづつ入れられて、
出荷されるのだそうだ。
行き先は知らないらしい。
その「黄色い袋」に入ったところを見たかったのだが、
実はタイミングが無茶苦茶難しそうなのである。
写真の「数字」が読めるだろうか?
b0190921_1932513.jpg

もう1ヶ月以上眠っているようだ。
まさに「醸熟」されているのか?
あとどれぐらいで出荷されるのかは体験のない私には読めないのである。
野鳥は「ツグミ」という種類。
[PR]
by take1photo | 2010-11-27 19:10 | 野鳥 | Comments(2)

23日の回答

遅くなったが、回答を…
UPしていたのは「キタテハ」だった。
どう?
当たった?
b0190921_2132417.jpg

見事な擬態であり、自分のいるべき場所をわきまえている。
繁殖を終え、運よく生き残ったこの種の仲間は「身を潜める」ように冬を越す。
そして、この地では「ウメ」や「キブシ」が咲き始める頃に、
花を求めて舞い始める。
[PR]
by take1photo | 2010-11-26 21:40 | 昆虫 | Comments(2)

カマ

カマバエの続きである。
こうして見ると「メカニック」な、例えば
バイオ・ハイブリッドな「バイク」のような…
b0190921_21461182.jpg

カマがメタリックにまぶしい。

こちらは違う個体。
カマは太いが、その上は意外に細い。
b0190921_2150034.jpg

カマの色はいぶし銀と言うよりか、黒い。
アングルの問題か、その他の問題…例えば雌雄の差…なのかはわからない。

すぐ近くで「ケコ」が見ていた。
いや、見ていなかったかも知れない。
レンズを向けても、眠そうだ…
b0190921_2154564.jpg

ちょっと前に書いたが、
今の「ネコ」の流行は、やっぱり…
「噛むとフニャンニャンニャンニャニャン、フー!」
だと思う。「希(のぞみ)ちゃん」の…

私の青春時代は…
「ねこニャンニャンニャン、いぬワンワンワン、かえるもアヒルもガーガーガー」
だった。

更に遡ると、
「うまいことやるもんだなあ」とか
「くそ~、してやられた」等と言う代わりに、一言、
「ニャロメ!」と言う(笑)。
[PR]
by take1photo | 2010-11-25 22:04 | 昆虫 | Comments(6)

シンデレラ城

公園を散歩していてお腹の大きな「ハラビロカマキリ」を見つけた。
どういう風に撮ろうか?…
川の向こう1kmぐらいの所に「TDL」のシンデレラ城が見える。
これを入れよう!!
だが、カマキリは真っ暗な木陰にいるし、どうしたものか…
で、いろいろ考えて撮ったのがこの写真。
b0190921_1841468.jpg

お城は、ボケてしまった。
だがこれは仕方が無い。
思いっきり絞っているが、なにせフォーカスは30cm前の虫に合わせているのだから。
簡単に撮れそうだが、はっきり言って「両方」に絞りを合わすのは、
ストロボを含めた「マニュアル撮影」を体得していないと出来ない。

ついでに少しずらして「東京ディズニーランドホテル」も入れてみた(笑)。
b0190921_1852060.jpg

一回、娘と泊まった事があるが、べらぼうに高いホテルである。
泊まったのは確か「ピーターパン・ルーム」というツインで、60,000円以上したと思う。
まあ年間のボーナスが、200万円以上出ていた頃の話だ…

と、一応このような写真に取り組んでおいて(笑)、
私の場合は、どうしても被写界深度の浅い超望遠マクロで押さえたくなる。
よく「私らしい」と言って頂く写真だ。
*この写真は是非、クリックして大きな画像で見て下さい。
迫力が違うはずです。
b0190921_1921394.jpg

今度は、ストロボの到達距離を換えて、バックは真っ黒にしてみた。

実は、
カメラを換えてもう1枚撮ってみた(笑)。
b0190921_1944775.jpg

もしかしたら、こっちの方が「私らしい」かも知れない(笑)…
[PR]
by take1photo | 2010-11-24 19:08 | 昆虫 | Comments(2)

蝶の観察

蝶の観察をした。
生憎、朝から雨が降り続いていたが、昼飯を食べた辺りから、
日が差す時間も多くなった。
雨は止まない。
所謂「狐の嫁入り」と言う奴だ。

まあ、紅葉の時期なので「お約束」を1枚。
b0190921_18332766.jpg

こういったものが苦手であることは写真から判って貰えると思う(笑)。

ついでに「銀杏」。
b0190921_1834533.jpg

「ギンナン」が沢山落ちていたが、例の「落語家」はいなかった(笑)。

紅葉した「ニホンチャ」では、アブが気持ち良く午睡を…
b0190921_18373734.jpg

(枯れてるダケかも知れない…)

こちらも「紅葉」というよりは「枯れている」だけかも知れない。
b0190921_18392433.jpg

「キンミズヒキ」だと思うが、枯れていて、良くわからない(笑)…

この公園からは必ず「バス」を使って「上野公園」辺りに移動することにしている。
不忍池の近くの「根津の甚八(ねずのじんぱち)」という居酒屋へ通っていた「クセ」である。
b0190921_1845371.jpg

写真は不忍池から撮った「TOKIO SKY TREE」…この場合「TOKYO」か(笑)?

ホテルは「浅草橋」(秋葉原のちょっとだけ東)にあるが、
そこからも、この「木」は見える。
b0190921_18492725.jpg

帰った頃には、ちょうど夕日を浴びて輝いていた。

ところで、1頭だけだが蝶をUPしていたのに気が付いて頂けただろうか(笑)?
[PR]
by take1photo | 2010-11-23 18:52 | 昆虫 | Comments(2)

「か」んさつ!

巷では今日は「いい夫婦」の日らしい。
私の場合、「カ」ミサンに頭が上がらないので、
せめて頭に「カ」の付くものでも「か」んさつしようと東京に足を向けた。
選んだ場所は「か」西臨海公園。
ところが、鳥がいない…
小雨が降ったり止んだりで暗いし、そもそもこんな月曜日に鳥の観察をしている人はいない(笑)。

仕方ない!諦めた!
そう思って、ビールを飲んで「おにぎり」を食べていると、
「ハエ」がいた。
高倍率でファインダーを覗くと…
おお!
「カ」マバエではないか!?
b0190921_18315238.jpg

体長約8mm。
何となく顔つきも「カ」マキリに似ている。

そうか、「カ」マキリぐらいならいそうだ!
そう思ったが、そういう時ほどいないもんである。
それでも、根性でつぶれて死んでいる「カ」マキリを発見!!
b0190921_18364720.jpg


上の池(淡水)と下の池(汽水)を隔てる水門の近くでは、
こんな「カ」メムシを見つけた。
少し前にア「カ」マキバサシガメを紹介したが、
こいつは後ろ肢が太い。
アシブトヘリカメムシにかなり似ているが、そこまで太くは無いし、
背中の模様がかなりきれいである。
b0190921_18491580.jpg
b0190921_18493995.jpg

魚眼でも撮ってみた。

野鳥が撮れなかったが、まあいいかと帰り支度を始めたら、
水門の反対側の方で、聞き覚えのある鳴き声がする。
が、見渡せどもどこにもいない…
b0190921_1855160.jpg

真下にいたのである!
「カ」ワセミが…
[PR]
by take1photo | 2010-11-22 18:55 | 昆虫 | Comments(2)

シノリガモ

今日は直接、海に「シノリガモ」を撮りに行った。
TVを14:00まで見ているので、日が高いうちに多くを欲張れないからである。
増してや、今日はその後、TVを買いに行かねばならない(笑)…

今日の大洗は、風はさほどでもないが波が高かった。
こういう日は波に乗って、沖にいる野鳥が岸にやって来ることが多い。
案の状「シノリガモ」の大群(と言っても、15羽ほど)が近場で観察できた。
写真は「オス」。
相当近い。
b0190921_20411759.jpg

今の時期、大概オスとメスは別行動となる。

2枚目は無視して頂いて構わない。
b0190921_20453022.jpg

写真右側の、ブロック(高さ130cm)から撮影していたのだ。
左の方で「焚き火」で暖を取っているのは、近所の人たちだ。
大きな仕事からはリタイヤしているとは言え、まだ海に関っている「海の男」たちである。

私にとっては非常にありがたい海の情報源でもある。
[PR]
by take1photo | 2010-11-21 20:53 | 野鳥 | Comments(4)