何でもそれなりのブログだよ!


by take1photo

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

カテゴリ

全体
野鳥
昆虫
両生類
爬虫類
植物
魚介類
その他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

フォロー中のブログ

最新のコメント

決して忙しいワケではない..
by take1photo at 19:44
どした?忙しい?
by dream at 21:46
dreamさん、今年もよ..
by take1photo at 23:03
どこの爺やもお婆に比べて..
by dream at 08:02
dreamさん、今晩は!..
by take1photo at 23:01
3日のチョウヒと羽の色が..
by dream at 21:44
>dreamさん ..
by take1photo at 21:43
超ラッキーでしたね。 ..
by dream at 20:41
自動車税は誤魔化すワケに..
by take1photo at 19:02
家は4倍も支払っているわ..
by dream at 08:28

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ホオジロ
at 2017-02-25 20:53
ハイイロチュウヒ~涸沼~
at 2017-02-24 22:52
至福の時~ウミスズメ~
at 2017-02-24 22:37
コチョウゲンボウ
at 2017-02-18 21:10
ヤツガシラ
at 2017-02-17 19:39
ランドセル
at 2017-01-09 22:15
謹賀新年
at 2017-01-09 20:01
コチョウゲンボウ
at 2016-11-20 20:48
Indian summer
at 2016-11-14 22:28
冬鳥の季節
at 2016-11-03 21:36
コウノトリ
at 2016-10-23 20:25
ヒバリシギ
at 2016-10-20 18:59
NHK
at 2016-10-19 21:02
LUCKY!!
at 2016-05-14 21:36
GW お疲れさま!
at 2016-05-08 21:36
買っちゃダメ!! coolp..
at 2016-05-06 21:03
GW あとは骨休め
at 2016-05-05 19:32
GW …は交通パニック!
at 2016-05-03 22:16
春はあげもの
at 2016-05-02 17:35
GWは赤い鳥
at 2016-05-01 20:24

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ!

タイトルは大晦日用である。
と言っても意味は解らない。
今日、電車の中で見つけた。
まあ、プリミアータ フォーネリア マルコーニと、どっこいどっこいだと思っている。
でもまあ自分なりに「訳して」みると…
”シチリアにある「虎の穴」の話はしちゃダメよ!”(笑)

大晦日の鳥である。
(撮ったのが今日と言うだけだが…)
「タシギ」
b0190921_19552930.jpg

お尻を上げているのがわかると思うが、この鳥はず~~っと、お尻を上げ下げしていた。
初めて見る行動だった。

次は、ファッション雑誌に載ってもおかしくない鳥。
b0190921_1959867.jpg

「オナガ」
ジェイジェイ( J J )と鳴く・・・

*****************************

と言うことで、あと数時間で今年も終わりです。
つたない拙ブログにお越し下さいまして大変感謝しております。
来年も変わらず、宜しくオナガ…もとい、お願い申し上げます。
そして、新しい年、皆さんに幸多いことをお祈り致します。
で、
普通は「干支」の写真が出てくる所なのですが、
うさぎは最近「野」にいないので、撮るのは難しいです。

でも、無いのも寂しいので、これで勘弁してください。
b0190921_208578.jpg

ホテルの部屋から下を見ていて、偶然「野」に見つけたのです(笑)…
[PR]
by take1photo | 2010-12-31 20:13 | 野鳥 | Comments(4)

涸沼(ひぬま)にいる鳥

涸沼とは大洗にあるちょっとした湖である。
有名なところでは「ヒヌマイトトンボ」と言う幻のトンボがいるが今の時期は飛んでいない。
通勤で太平洋からこの涸沼に通じている川を渡るのだが、
このクソ寒いのに朝から釣り客が大勢いる。

そしてこの「オオバン」も沢山いる。
b0190921_22224225.jpg

時間があると車を寄せて、オオバン…いや「釣り」を見るときもあるが、
だいたい「ボラ」が釣れている。
ここを通過するのが、だいたい8:37ぐらい。

少し車を会社に近づけると「温泉スタンド」というのが右手にあって、ここら辺にも、
いろいろな鳥が来る。
例えば写真の「タゲリ」。
車から降りて撮っているが、金網のフェンスの上からカメラだけ出して見降ろすように撮っているので見つかっていないようだ。
b0190921_2375095.jpg

ここから会社まで約7分。
だいたい、8:47ぐらいに着く。
そして車中で9分だけ「ナンバー・プレイス」を解いてから、8:55開始の朝礼に向かう。
[PR]
by take1photo | 2010-12-30 22:37 | 野鳥 | Comments(2)

磯にいるツグミ

名前は「イソヒヨドリ」。
恐らくメスの色合いが「ヒヨドリ」に似ているのでそう付けられたのだと思う。
生態を含めその他は全くヒヨドリとは異なる。

写真は、そのメス。
ちょっと雨覆いが大きいが、ツグミの羽の形状とそっくりである。
b0190921_22181589.jpg

不思議なことがある。
こういったテトラポット、あるいは防波堤などでオスのイソヒヨドリを見かける可能性が無茶苦茶低いのだ。
勿論、私の経験からだが、98%はメスである。

時々、「ゲッゲゲ」と呟いて、腰を引っ込める仕草は「ジョウビタキ」などと同じである。
b0190921_22233985.jpg

少しだけ嘴が下に傾いている。
爬虫類の肉を食い千切るためだ。
[PR]
by take1photo | 2010-12-29 22:27 | 野鳥 | Comments(0)

鉄塔で休戦

フロント・グラスの向こうで「ドバト」の小集団が妙な飛び方をしているのを見つけた。
その中には1羽だけ、いじめているのか、いじめられているのか、とにかく物凄いスピードで「ぐるぐる」飛んでいる鳥がいる。
右手親指でステアリングのボタンを押して、フル・タービンで近づいてみたが、レンズを向ける頃には何も無かったかのような静けさが…

写真が1羽だけで飛び回っていた「ハヤブサ」。
空の「チータ」。
少し前の「ノスリ」のような翼の「先端」をしていない。
尖っているのだ。
早く飛ぶために旋回性能を犠牲にしたような翼をしている。
b0190921_21372374.jpg

さっきまでの死闘が「なかった」かのように休んでいる。

驚いたことに、ハヤブサのいる鉄塔から伸びた電線には死闘の相手の「ドバト」も休んでいた。
b0190921_2141212.jpg

その距離、約10m…
ここらへんの野鳥の「駆引き」がさっぱりわからない。
もしかしたら、ドバトに何か「策」があっての近場での休憩なのかも知れない。
ハヤブサが飛んだ瞬間が命を懸けた「ready GO!」なのか?

これは別角度の「ハヤブサ」。
b0190921_21471541.jpg

鉄塔なんて望遠で撮ることはないので気が付かなかったが、
1枚目も3枚目も、イソギンチャクのようなヒラヒラが、
静電気の実験で出てくるようなヒラヒラが写っている。

何だろう???
[PR]
by take1photo | 2010-12-28 21:52 | 野鳥 | Comments(2)

コハクチョウ

恐らく「渡り鳥」で最もポピュラーなのが白鳥だと思う。
私が小学校の時、学校で「パンの耳」「青米」「茶殻」などを集めていた記憶があるが、
それが白鳥のエサになるとは、その頃は全く思わなかった。
今でも、茶殻だけは信じられない。

空は少し曇っている。
ほんとは青空を飛ばせたい。
少しだけ高い所から撮っているので、こちらに突っ込んでくるような感覚だ。
b0190921_21111877.jpg

この角度だと、結構「肩幅」もあり、
「天空の城ラピュタ」に出て来る可愛そうなロボットを思い出す。

真上をかすめた!
b0190921_2112019.jpg

この角度からだと、恐竜の末裔だということが良くわかると思う。

2羽で飛んでいる写真を2枚ほど…
曇っているので解り辛いと思うが、
1枚目は逆光の、そして2枚目は順光の山をバックに撮ってみた。
b0190921_21181832.jpg
b0190921_21185443.jpg

どうしてこんなでっかい鳥が、長旅をしてまでやってくるのか未だに不思議でならない。
夏にやって来る渡り鳥もいる。
「夏鳥」と「冬鳥」、どこがどう違うのだろうか?
是非この機会に考えてみてはどうだろうか?
ただ、制限時間もなく模範解答も無い。
[PR]
by take1photo | 2010-12-27 21:28 | 野鳥 | Comments(0)

ノスリ

いい天気なのに、外に出掛けたのは14:00から。
日が短くなって写真が、あっという間にセピア色に換わって行くのがわかる。

写真は杭に止まろうとしている「ノスリ」。
b0190921_19315554.jpg


「どや、ちゃんと止まれたやろ」と、こっちを睨む。
b0190921_19391859.jpg

実は一回左の溝に不時着しているのだ(笑)。
だから、1枚目は空から舞い「降りた」のではなく、
溝から舞い「上がった」もの。

学習能力があるようで、私の車が近づいて窓が開くと逃げる。
b0190921_19425368.jpg

ほんとうは、こっちに飛んでくる写真が撮りたいのだが…
[PR]
by take1photo | 2010-12-26 19:44 | 野鳥 | Comments(2)

そこらへんの野鳥

茨城県大洗町の田圃。
時々、このように棒のてっぺんで黒いビニールがはためいているのを見かける。
「おどし」なのかなあとも思うが、その前に、
これが本来の姿なのか、破れて千切れてこんなになったのかさえ知らない。
b0190921_19403022.jpg

私の場合は、遠目に見て何か鳥がいるのかも…と期待することが多い。
通り過ぎる頃「なあんだ」とがっかりする。
今回は、黒いビニールに「擬態」した鳥が1羽いた(笑)。

フロント・グラスの上部ぎりぎりに猛禽を確認。
発見が遅れたのだ。
悟られないように軽くブレーキを踏んで止まるが大きく行き過ぎてしまった。
車を降りて撮ることにした。
b0190921_19504911.jpg

ノスリだと思ったが「ハヤブサ」だった。

海に出ると「ミユビシギ」が餌を食べていた。
b0190921_1954393.jpg

弾ける波しぶきと「ミユビシギ」…
それを見るだけでも、海岸までやって来た「甲斐」があると思った。

「ハヤブサ」も「ミユビシギ」も、
「チョウゲンボウ」も「タゲリ」も、
「シノリガモ」も「ウミアイサ」も…
大洗では、そこらへんの野鳥である。
[PR]
by take1photo | 2010-12-25 20:03 | 野鳥 | Comments(4)

巫女秋沙(ミコアイサ)

White Christmasの地域がかなりあるようだが、
そうでない地域の方へと思って、白い鴨をUPした。
と言っても名前は「初詣」向けではあるが(笑)…
b0190921_21113262.jpg

背景が黒っぽくて、被写体が白っぽい場合、
「AT」では、両者の中間あたりに「適正露出」を持っていくようなカメラが多いと思うが、
どうだろうか!?
ただ、その露出で撮ると「白」はオーバーとなり、潰れてしまうことになるケースも多いと思う。
この写真は「マニュアル」で撮っているが、インジケータは目一杯「どアンダー」、つまり左側に振り切れている。
でも、私の見る限りでは「ミコアイサ」はきれいに撮れている様に見えるがどうだろうか?

ノートリミング。
東京・新丸ビルの近所で…
[PR]
by take1photo | 2010-12-24 21:27 | 野鳥 | Comments(2)

SURF DUCK

タイトルは凄いが、実は「波のトップ」にいるカモを撮っただけである(笑)。

カモは「シノリガモ」のメスである。
b0190921_19535625.jpg

なぜ「波のトップ」で撮っているかと言うと…
この位置じゃないと波に邪魔されて全景が見えないのだ。
でも、サーフィンしてるようにも見えるでしょ(笑)?

おっ!
何か捕まえた!
b0190921_1958750.jpg

どうやら「カニ」のようだ。

トップで撮ると「肢」もよく見える。
b0190921_19595686.jpg

カモの肢、というか「水かき」が大きいのは、
ハクチョウを代表に、まあ一般的なことだと思う。

シノリガモのような「潜水ガモ」はかなりでかい。
b0190921_2032948.jpg

プロポーションから判断すると、そうとうな「デカ足」であるはずだ。
[PR]
by take1photo | 2010-12-23 20:06 | 野鳥 | Comments(2)

福島のたんぼ

今、福島県の太平洋側でよく見かけるのが「コハクチョウ」。
勿論、数でいったら「ヒバリ」「タヒバリ」「ホオジロ」「カワラヒワ」「タシギ」etc.
などに大きく負ける。
写真は「南相馬郡」という所で昨日撮ったものだ。
b0190921_1962848.jpg

偶然さっき、この近くの畑がテレビで映っていたが、ビニールハウスがとんでもない事に成っていた。
今朝の暴風雨の影響だろう。

これは「タゲリ」。
冬を告げる貴婦人と呼ばれている。
20羽以上の群れでいることが多いが、この地では「その群れ」だけしかいないようだ。
b0190921_19174086.jpg

飛んでいると、白が目立ちきれいだが、
田圃にいると、さっぱり見つけられない。

これが田圃にいるところ…
b0190921_1922161.jpg

10羽以上見つけられた方…
あんたは偉い!!

今度、福島県に来るのは半年後の5~6月。
あっ、もう「一泊二食2500円」は予約した。
2階の一番角を1ヶ月で(笑)…
b0190921_1927094.jpg

宿からみる風景も変わってしまった。
[PR]
by take1photo | 2010-12-22 19:29 | 野鳥 | Comments(2)