何でもそれなりのブログだよ!


by take1photo

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

カテゴリ

全体
野鳥
昆虫
両生類
爬虫類
植物
魚介類
その他
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

フォロー中のブログ

最新のコメント

決して忙しいワケではない..
by take1photo at 19:44
どした?忙しい?
by dream at 21:46
dreamさん、今年もよ..
by take1photo at 23:03
どこの爺やもお婆に比べて..
by dream at 08:02
dreamさん、今晩は!..
by take1photo at 23:01
3日のチョウヒと羽の色が..
by dream at 21:44
>dreamさん ..
by take1photo at 21:43
超ラッキーでしたね。 ..
by dream at 20:41
自動車税は誤魔化すワケに..
by take1photo at 19:02
家は4倍も支払っているわ..
by dream at 08:28

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ホオジロ
at 2017-02-25 20:53
ハイイロチュウヒ~涸沼~
at 2017-02-24 22:52
至福の時~ウミスズメ~
at 2017-02-24 22:37
コチョウゲンボウ
at 2017-02-18 21:10
ヤツガシラ
at 2017-02-17 19:39
ランドセル
at 2017-01-09 22:15
謹賀新年
at 2017-01-09 20:01
コチョウゲンボウ
at 2016-11-20 20:48
Indian summer
at 2016-11-14 22:28
冬鳥の季節
at 2016-11-03 21:36
コウノトリ
at 2016-10-23 20:25
ヒバリシギ
at 2016-10-20 18:59
NHK
at 2016-10-19 21:02
LUCKY!!
at 2016-05-14 21:36
GW お疲れさま!
at 2016-05-08 21:36
買っちゃダメ!! coolp..
at 2016-05-06 21:03
GW あとは骨休め
at 2016-05-05 19:32
GW …は交通パニック!
at 2016-05-03 22:16
春はあげもの
at 2016-05-02 17:35
GWは赤い鳥
at 2016-05-01 20:24

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

良いお年を!!

今年はいろいろあったけど皆様にはどんな一年だったろうか?
来年はほんとに良い年になるよう願いたい。

場所は「San vanne C'est」
東京湾の三番瀬をフランス語風に記述してみただけ(笑)。
まあ、
「Aza vous jous banne」
(麻布十番)
と似たようなもんである。

着いたのは潮が引くずっと前の時間である。
こういった時間帯での観察も面白い。
写真は「ハマシギ」
b0190921_21143280.jpg

こうやって集団で寒さを防ぐ。
少し潮が引いて海底が見え出すと、エサを摂りに集団で飛び立つ。

この鳥も多い。
「シロチドリ」
b0190921_2122297.jpg

砂紋を使って上手に暖をとる。

よっこいしょ…
b0190921_21234191.jpg

身を起こしたが、ご覧の通り首をすくめ「まん丸」でかわいい。

まだ干潟が姿を見せない頃、
どこからともなく集団でやって来るのが「ミヤコドリ」
b0190921_21264767.jpg

本日の目的の野鳥でもある。

米子水鳥公園でこの「ミヤコドリ」の話題になったとき、
物凄く羨ましがられた。
b0190921_21313841.jpg

日本海は、太平洋のような大きな干潟は出来ない。

帰り道、貝殻を踏ん付けて砂浜を歩いていると1羽の蝶が飛ばされて来た…
浜に降りるともう飛ぶ力はなさそうだ。
それでも静かに翼を広げた。
どうやら「ムラサキシジミ」のようだ。
b0190921_21405892.jpg

b0190921_21411380.jpg

寒い冬に、こんな干潟でシジミ蝶に会うとは思わなかった。
気の効いた「神さま」からのプレゼントかもしれない…

「2012」がいい年になりますように!!
[PR]
by take1photo | 2011-12-31 21:47 | 野鳥 | Comments(6)

FZ100

いやあ、えらいサボってしまった…
まあ、理由はいろいろと…という事で…

最近、
新しいコンデジを使っている。
夏のボーナスの時期に会社の備品として揃えた、あのFZ100である(笑)。
FZ50という優秀なコンデジを数年使って来たが、
バッテリーがヘタって来たので「仕方なく」というのが正直な経緯だ。

凄い高倍率ズームである。
1枚目は、W端。
2枚目は、T端。
b0190921_20201998.jpg
b0190921_20204215.jpg

那珂湊の海岸の「カワウ」である。
勿論、カメラ単体で撮った「ピュア」な画像である。

同様に、大洗町で撮った「ノスリ」。
b0190921_2024223.jpg

b0190921_2025440.jpg

1枚目は、何がいるのか解らないと思う(笑)。

買った時に既に気が付いているが、FZ50のような「深みのある色」が出しにくい。
それは、センサーではなく、レンズ構成によるものだと思う。
あきらかにFZ50の後継機種ではなく、FZ1から派生していたFZ38の後継である。
現在バカ売れしているFZ150もそうである。
私は、FZ50の後継機種を楽しみにしていたのだが…
とは言え、
FZ100(FZ150も)も優秀であることには間違いない。
「価格」「倍率」「軽さ」
この3つで欠点は相殺された上にお釣りが来る。

チョウゲンボウ(♀)
b0190921_20373834.jpg

問題はシャッター・ショックだと思う。
写真は換算1000mm以上であるが手持ちである。
軽量ボディで、この望遠域であるので必然的にぶれやすい。
まあ、
カメラに文句を言わず、
「腕」を磨いてなんとか長く付き合おうと思う。
[PR]
by take1photo | 2011-12-29 20:48 | 野鳥 | Comments(2)

米子名物「水鳥公園」~4こま写真~

誰も見てひんやろなあ?
b0190921_20553278.jpg


ああ~~、やってもうたあ~~!
はあ、至極の一時やわ…
b0190921_20573795.jpg


すっきりしたで、ほんま。
そやけど誰も見てひんかったやろなあ??
b0190921_20595149.jpg


うう~寒っ!
やっぱ今の時期、出すとすぐ寒なるなあ!
b0190921_2113563.jpg

[PR]
by take1photo | 2011-12-12 21:05 | 野鳥 | Comments(0)

まりや

写真は「タイトル」の女性の実家である。
b0190921_2311106.jpg

写真のすぐ右手には、出雲大社の正式な入り口である朱色の鳥居が構えている。
幼少の砌「おままごと」をしたことがあるのだそうだが全く覚えていない。
すぐ近くに、
今をときめく女流棋士(将棋)の家もあるらしいが、私は知らない…

雨がそぼ降る「出雲大社駅」。
b0190921_2318027.jpg

その昔「大社線」という国鉄(及びJR)の路線があったのだが、
約30年前に廃線になってしまった。
今は「大社造」という文化財として保存されている。

いつの間にか「SL」も保存されていた。
「D51 774」
昔、新見機関区で活躍していたSLである。
ターン・テーブルのない出雲大社駅には関係ないSL。
全く以って「けしからん」シチュエーションではあるが。
b0190921_2329290.jpg

雨雲でけぶってはいるが、小学生時代良く登った「みせん山」(約550m)を背景に置いてみた。

もう1枚、ややこしい「鳥居」を入れてみた。
b0190921_23322025.jpg

当時の話ではあるが、
実はこれは国鉄の出雲大社駅を利用した人たちへの、目印のためのものである。
「一畑電鉄」の出雲大社を利用した人たちは、まず見る必要の無い鳥居である。
後を振り向けば見えるだろうが…

説明不足であることは十分承知している。
写真は「レジェンド」となってしまったJR出雲大社駅の「改札場」である。
b0190921_23425099.jpg

いくら出雲大社とは言え、ゲートが多すぎなのは明らか。
実際に「正月」だけは一杯になったのを覚えている。

ここから「まりや」の家まで、歩いて約15分。
なぜ、もっと近くまで線路を伸ばさなかったのか?
あまり頭の良くない人が「沿道商売」などの計算をした結果そうなって…
そうなった結果、路線もつぶれたが、先に書いた「まりや」の近くまで運んでくれる「一畑電鉄」が生き延びたわけになる。
[PR]
by take1photo | 2011-12-10 23:53 | その他 | Comments(2)

雨の山陰

山陰にやって来てから約一週間、ずーっと雨模様に近い。
しかも昨日から雪が混じることもあり寒い。

雨とは言え折角来ているので撮影に出掛ける。
b0190921_2091284.jpg

「キンクロハジロ」
左はメスである。
場所は「米子港」。
すぐ近くの「とん太」という博多ラーメン屋でお昼を済ました直後である。
昔(15年ぐらい前)は2回「替え玉」をしていたが今回は1回で我慢した。

近くの水田でエサを摂る「タゲリ」
b0190921_20181864.jpg

見つけにくい鳥であるが、ミューミューと鳴くので何とか見つけることが出来る。
警戒心が非常に強く集団で逃げるので、こちらからは近くづかず「認めて貰う」のを待って、
近づいた奴を撮るのがコツ。

更に、雨の中の「ハジロカイツブリ」
b0190921_2025147.jpg

望遠で撮っているのでかなり雨を挟むことになる。
こういった場合「逆」のようだが、かなりアンダーにして撮るとよい。

最後は、こんなのも(笑)…
b0190921_20283087.jpg

ヌートリアという肉食の舶来ネズミである。
にも拘らず、オナガガモは知らん顔…
[PR]
by take1photo | 2011-12-09 20:30 | 野鳥 | Comments(4)

松江の休日(PM)

14:04発の鈍行で、松江駅から隣の松江東駅へ向かう。
中海の鳥を撮るためだ。
周辺の地理に詳しいとは言え、初めて下車する無人駅から
「徒歩」というのは結構辛かった。
トータルで8kmぐらいは歩いたと思う。
とにかく、だだっ広いシチュエーションなので、
望遠レンズうんぬんよりも「徒歩」「体むき出し」というのは非常に歩が悪い。
普段、車中から観察しているアドバンテージを改めて痛感した。

まず出迎えてくれた…というか、遠くにいるのを見つけた
「ミサゴ」
b0190921_23183873.jpg

島根半島はこの鳥が非常に多い。

近くに鳥がいないので通過していく鳥もターゲットになる。
b0190921_23212759.jpg

シャッター速度もやや速いが、それ以上に高速で「流し」ている。
左上が「スズガモ」
そのした2羽が「ヒドリガモ」
で、更にその下2羽が「オカヨシガモ」
一番下の1羽が「ホシハジロ」である。

時々、カモの群れが飛ぶ。
b0190921_23271740.jpg

遠くて解らないかも知れないが、
殆ど「スズガモ」だと思う。

中海は、物凄い数の「ハマシギ」の越冬地でもある。
少し向こうを「団体さん」で飛んでいるのを見かけた。
実はこれは「チャンス」の合図である。
私の経験では、この団体は「∞」を描きながら、そう遠くには行かない。
b0190921_23351874.jpg

b0190921_23353242.jpg

これらの写真も高速で流している。
この「ハマシギ」という鳥は、更に集団になると、
水中の「イワシ」の群れそっくりな飛び方をする。

写真は、いずれ…
[PR]
by take1photo | 2011-12-04 23:39 | 野鳥 | Comments(4)

松江の休日(AM)

何年振りかで迎える松江での朝。
ホテルで軽く朝食を摂り近くを散歩してみた。
15~20年前、夜歩き回った「伊勢宮」界隈という歓楽街である。

もう昔の店は無く(つーか名前も思い出せないが)、建物がどんどん建て換わっている。
こういった過程で見られるのが、「トマソン(原爆タイプ)」である。
ちょっとだけお見せするが、
興味のない方には実につまらない写真かも知れない…
b0190921_2295543.jpg

b0190921_22101753.jpg

b0190921_22104441.jpg

b0190921_2211726.jpg

まあ、
「ゲイジツ」というのは、そういう面で見られる場合も数多いと思う。

将棋の時間を気にしつつ松江駅のすぐ北を流れる川…
(正式には、中海と宍道湖を結んでいるので運河なのだろう)…の遊歩道で、
「イソシギ」を見つけた。

いつの間にか雨が上がっていた…
b0190921_22163680.jpg

羽繕いをしているところ。
お相撲さんが片足を天に上げているようにも見える。

TV将棋は、後手が終盤で玉を「よこ」に逃げなければいけないところで「たて(上)」に逃げたもんだから簡単に詰んでしまった。
感想戦を見ずにTVを消したので詳しくは解らないが、「よこ」に逃げていても幸せにはなれなかったのだと私は判断した。

TVを消したのは、ラーメンを食べに行くためである。
b0190921_22233121.jpg

当然、「しお」である。
「あご」の出汁が最高に旨い!
写真から通常のシナチクと違っているのが判るだろうか?
実は、筍の先っぽを使っているのである。
松江から米子に掛けて中海の南岸は、有名な筍どころでもある。
[PR]
by take1photo | 2011-12-04 22:27 | その他 | Comments(0)

かねやす

”本郷も「かねやす」までは江戸のうち”

営団地下鉄丸の内線の「本郷三丁目」から地面に出てすぐの春日通りの交差点にある、かねやすという老舗(何屋さんかなあ…?)にそう書いてある。

でも、
タイトルの「かねやす」は島根県松江市の駅すぐ北の、
「小料理屋」のことである。
b0190921_213058100.jpg

ここもまた古い。

この、お母さんが女将である。
b0190921_21324297.jpg

実は、
17年ぶりに来るので、
正直言って、てっきり代替わりをしていて、当時まだ若かった「嫁さん(当時30位?)」が今は仕切っているだろうなあ…などと考えながら暖簾をくぐったもんだから、びっくりである。
当時、既に耳がかなり遠かったのだが、なんと進行していないようで、当時のレベルで遠いままだ。
片目が少し不自由なそうなのだが、この素晴らしい笑顔である!!
なんと!
来年90を迎えるのだそうで、
子供は「3人」
孫は「7人」
ひ孫は、今のところ「4人」で一番上は小学生らしい。

写真は「刺身のおまかせ」と「揚げ出し豆腐」
b0190921_21462469.jpg
b0190921_21464161.jpg

私が行く店としては、かなり上品でその分、やや高い。

お母さんの息子さんが「板さん」である。
同時にカメラマンでもある。
b0190921_21492468.jpg

確か、還暦をちょっと過ぎていると思うので、
この写真はもう40年以上昔のものである。
当時の山陰本線を走るSLのエントツには写真のような「カッコ悪い」アダプターが付けられていた。
[PR]
by take1photo | 2011-12-03 21:55 | Comments(0)